勃起不全治療の革命を起こしたファイザー社のバイアグラ

ファイザー社の懸念点

ファイザー社の懸念点

 

ファイザー社の懸念点

研究者によると、バイアグラの不適切しようと乱用の可能性は、製薬会社がこぞって抱いている不安です。バイアグラの場合は特に激しかったのです。ファイザー社は臨床研究と薬物研究のスペシャリストである博士を雇い、この潜在的な問題を調べ、必要な材料を提供しました。

 

これらのことはファイザー社も想定しており、バイアグラ販売には様々なことをクリアにしていかないといけないと感じていたはずです。

 

想定される範囲として、バイアグラを飲んで出かけた男性が、レイプや性的虐待をして、その理由をバイアグラの性にしてファイザー社を訴えるのではあるまいかとおびえているのです。

 

ファイザーのような会社が、この種の倫理面を懸念しているのは当然のことでエス。それに薬にある種の末端価格がついている、つまり闇取引されているという考えもある。
たいていが、安心することができるかということが問題だ。だからと言って、ファイザー社が告訴を逃れる訳ではない。バイアグラを試してみて、バイアグラの性にできるのなら、人は訴えるだろうからね。ファイザー社はそういうところに神経をとがらせてバイアグラのことを考えているのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ