勃起不全治療の革命を起こしたファイザー社のバイアグラ

ファイザー社の販促行動

ファイザー社の販促行動

 

ファイザー社の販促
ファイザー社のコンサルタントのおかげで、宣伝機構の準備が整い、一般の人々の期待が高まった時に、アメリカ人にバイアグラを受け入れてもらうための最終段階として、臨床試験を締めくくり、FDAの認可を早急に受け、シルデナフィルを人々の記憶に残る名前で結びつけました。

 

このバイアグラを成功に導かせるための最終段階の一つ、ネーミングに関していえば、バイアグラの象徴化と比喩的表現が特に活用されたのです。

 

障害と解決策と形作るので、ネーミングは極めて重要です。バイアグラは精力を意味する「ビガー」と有名な滝「ナイアガラ」の合成語であるのです。

 

したがってイメージ的には力強く、世紀にあふれた、強力なとてつもない青い錠剤バイアグラと構築しそれによって障害の脆弱さ、力のなさ、頼りなさにあり、こうした状態を反対の状態にすることが解決策だとファイザー社は暗に唱えたのです。

 

このような象徴化が人気のメディアでもみられ、バイアグラの名前はナイアガラの滝のように流れ落ちる力の喚起を意味していた、販売が開始されると市場は一気に活気づくだろうと唱えました。

 

バイアグラという象徴的な名前は、偶然の一致ではなくネーミングは製品のブランド化のかなめ、外部コンサルタントを雇って市場調査を行って名前を決めているのだから今のバイアグラの人気があるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ