勃起不全治療の革命を起こしたファイザー社のバイアグラ

勃起不全治療の革命を起こしたファイザー社のバイアグラ

ファイザーの宣伝活動

 

ファイザーの宣伝活動

バイアグラ登場前からのファイザーの宣伝活動で、重度の虚弱性EDを主眼とした地用の販促から、軽度の障害を持った、あるいはペニスの勃起機能増大を望む男性向けの医療工場の販促へと移行しました。

 

同時にロマンス、有機、パワー、などアメリカの価値観を促進して、ファイザーは今や健常な男性向けでは無いという宣伝文句を促進するのではなく、バイアグラ市場を拡大し勃起の改善の必要性を認める大部分の年齢の男性を取り込もうとしているのです。

 

未成年者と同性愛者の男性もバイアグラを使用しているが、ファイザーの市場拡大の目論見はみなに知れ渡ってはいないのです。

 

率直に言って、バイアグラの本当の使用対象は糖尿病や高血圧症を患っているとか、前立腺摘出手術を受けたり、脊髄を損傷したりした医学的に絶対に必要とされる人ではないのではないかとバイアグラセールスマンもターゲットの変更を感じているようです。

 

本来の使い方、バイアグラの本当の使用対象は、自分は若い頃とは違うのに、相手の女性がやる気満々の用だと感じている40代過ぎから60歳の男性で、バイアグラは本当の増強剤となっている現実がある。

 

性的能力の向上を感じ、バイアグラを飲むと20代のころの気持ちになる。バイアグラを飲めばばっちりなんです。忘れかけていたビンビンに立つって気分を簡単に味わうことができるのです。

 

ファイザー社が恐れたこと

 

バイアグラの販売のためファイザー社がしたこと

バイアグラの販売のために、多くの医療機関の研究者にバイアグラのすばらしさを認めさせた発表してもらいたファイザー社は、バイアグラの正当性を主張し、芳しくない連想を呼ばないためにも、バイアグラが自然な整体ない作用を高め、深刻な病状を改善するためのものだということをきわめて明瞭に発表しました。

 

経口系シルデナフィル・バイアグラはセックス薬でもなければ媚薬でもない。と警告するファイザー社の幹部や研究者の数えきれない言葉を、メディアは多くいんよういました。

 

されに従業員ハンドブックは「ことの重大さを指摘し、相手のお茶ラケムードを変え、勃起不全が多くの男性とそのパートナーの生活に悪影響を及ぼす深刻な病気なのだと人々に気づかせるべし。」と授業員にまじめに教育している。

 

ファイザー社の誠意努力にかかわらず、この威両プロジェクトに対していくつかの医学界や依然として倍グラに疑いを抱いていたし、性倫理がバイアグラにかみつきました。

 

シルデナフィルのようなインポテンツの経口治療薬が、医療に入り込みそうになるにつれ、泌尿器科学会では、道徳規範や訴訟を懸念していたのか、インポテンツ向けの経口剤は、器質性勃起不全患者にとって有望な大替え治療ではなく、必ずしも全員に効くわけではない、と正式にコメントしました。

 

さらにバイアグラの発売に先立ち、慎重派の開業医の言葉が主流メディアに取り上げられました。

 

「インポテンツ治療薬バイアグラは広域な乱用や、快楽目的の気楽な利用の対象となるかもしれず、過剰摂取、心理的中毒、または、永続的なインポテンツを招く危険性がある」

 

この言葉が広まることがファイザー社が恐れていたことではないでしょうか?

バイアグラ販売戦略

 

ファイザー社バイアグラ販売戦略

バイアグラの利益は、ファイザー社の評判を気付つけかねない倫理的・法律的問題を抱え、ファイザー社は安全な人々、主に異性愛者で既婚、年齢40歳以上の男性にバイアグラを販売するように一層努力したようです。

 

ファイザー社は倫理委員会を招集してローマ教皇に代表まで派遣し、ローマカトリック教会がバイアグラをどう見ているかを探りました。ローマ教皇庁はバイアグラが家庭関係の改善に貢献することに基づき、これに賛同したとされています。

 

FDAから速やかにバイアグラの販売許可が下り、1998年にバイアグラが発売されてしまうと、利益目標、科学的な言い回し、統計データの発表によって、慎重論や業界のタブーが掻き消える勢いでした。

 

これは一握りのファイザー調査員やコンサルタントがEDと言う医療カテゴリーを主張して、これを脚色して広め、科学的言い回しと医療面でのバイアグラの正当性を盾に、内科疾患の勃起不全の中心的存在になったことに起因します。

 

こうした販売作戦が、ジャーナリストの後押しで性機能障害を患った大ぜいに人に、バイアグラにとって都合のいい予備知識を植え付け、ファイザー社にとってバイアグラを販売しやすい市場を形成したともいえる。

ホーム RSS購読 サイトマップ